仕上げの方法

桐箪笥は、職人や業者の手によって綺麗に修理することが可能です。新品同様に修理することはもちろん、今までよりももっと丈夫に補強することもできます。そうすることで、また長く桐箪笥を使うことができます。
しかし、せっかく修理を頼むのだから、ただ綺麗にするだけでは物足りない…そう考えている人も多いのではないでしょうか。実は、桐箪笥は修理するだけでなく、仕上げ方次第でまったく違った風合いや表情が楽しめる家具です。
桐箪笥の仕上げの中で一般的に有名なのは「トノコ仕上げ」や「時代仕上げ」ですが、そのほかにも様々な仕上げ方法があります。その種類を知って、仕上げごとの桐箪笥の表情や風合いを楽しみましょう。

まず、とのこ仕上げとは箪笥の仕上げ方法の中でも特に一般的な方法です。「との粉」と呼ばれる特殊な粉を使い、箪笥の表情を落ち着いた優雅なものにします。また、との粉には防炎作用があるため、安全度も高いのが特徴です。
次に時代仕上げは、変色を目立たなくする仕上げ方法です。その後も汚れにくく変色しにくくなるので、汚れが特に気になるという人にぴったりです。木目が目立つようになるため、木の風合いが強調され、味のある仕上がりになります。
また、中身の損傷や変色をしっかり直しつつ、表面の古さを逆手に取った修理方法も人気を集めています。その方法によって修理された箪笥は、重厚なアンティーク風になるのが特徴です。


オススメリンク